トップ / 知覚過敏の原因は意外なところに

痛みの原因は歯磨きとストレス

「知覚過敏」という言葉は、多くの人が耳にしたことのあるものだと思います。ただ、この原因などについては、「よくわかっていない……」という人も多いのではないでしょうか。

しかし、この知覚過敏はとてもやっかいなもの。しかも、日常的な、歯磨き粉を使った歯磨きなどによっても起こることがあるのです。

そこでここでは、まずは、知覚過敏の原因についてみていこうと思います。

<知覚過敏はそもそもどうして起こるのか?>
歯に刺激が伝わり、時には激痛をも伴う知覚過敏。これは、簡単に言えば、「エナメル質の傷つき」によって起こります。

歯の表面は「エナメル質」で覆われ、下には象牙質があり、これらによって歯の神経は守られています。もしも歯の神経が露出していれば、わずかの刺激でも痛みを感じてしまいますが、エナメル層などのおかげで、歯は守られ、「食べ物を噛む」という行動ができるようになっているのです。

<エナメル質が傷つくのはいったいどうして?>
このエナメル質は、言ってみれば、歯にとってのバリアーのようなもの。しかしエナメル質が何らかの理由で傷ついてしまうと、バリアーの機能が薄れ、刺激を受けやすくなってしまいます。知覚過敏になってしまうのはこのためです。

では、どのような理由でエナメル質が傷つくのでしょうか?

これにはいくつかの原因がありますが、そのうちの一つが、「歯ぎしり」です。歯をこすり合わせることによって、エナメル質にダメージを受けてしまうのです。

さらに、本来は歯を守るために行う「歯磨き」が、知覚過敏の原因になってしまうことも。誤った歯磨き方法をしていたり、歯磨き粉をたくさんつけすぎていたりすることによって起こると考えられているのです